創造性豊かな子ども育成事業

高校生とことん科学セミナー

  各分野で活躍中の研究者にお願いし、「講義」や「実習」を行っています。
 このセミナーは、広く県内高校生に科学への関心をさらに深め、将来の進路や人生を考えてもらうために開催するものです。
 研究内容だけでなく、講師や参加者同士がざっくばらんに、学習、進路、人生など自由に懇談しています。

令和2年度のセミナーについて  参加者募集は終了しました

  
期日 令和3年3月7日(日)
会場 富山大学芸術文化学部 (高岡市二上町180)
テーマ
「VS.古代人 青銅を1000℃にして熔かせるか?」
世界史で学ぶ「青銅器時代」。「青銅は加工しやすいから・・・」と聞いたことはないですか。本当にそうなのでしょうか?テレビなどでよく見る熔けた青銅は、そんな簡単に作れるのでしょうか?マニュアルはありません。少しのヒントから工夫し、熔かす道具を自分たちでつくり、青銅を「熔かす」体験と鋳造体験をします。自分たちの力で熔かした青銅を見られるでしょうか?そして、古代人の技術に迫れるのでしょうか?
※銅鐸は青銅製品のイメージであり、当日は使用しません。
講師 三船 温尚  先生(富山大学学術研究部芸術文化学系 教授)
専門は「鋳造技術史・作品の造形と制作技術」。1982年東京芸術大学美術学部工芸科鋳金専攻卒業、博士(人間文化学)。以降、高岡短期大学で研究、2005年より現職。国内外の青銅器・仏像などの製造技術について、X線CTスキャンや3Dスキャンを用いて研究を進めている。また、高岡市内の小中学校の活動で講師を務めるとともに、2018年にスタートした産学官連携事業「やさしい・いもの プロジェクト」を主宰。
対象 歴史(古代史)に科学的に迫るような、異分野が融合した研究に関心を持つ、県内高校1,2年生
※文・理系を問いません
参加費
持ち物
服装
 無料  (教材費、保険等は財団で負担します)

筆記用具、昼食(近隣に食堂、コンビニはありません(最寄りのコンビニまで約1.4km))
実習時以外はマスク着用(実習中は防塵マスクを貸与)
汚れてもよい活動しやすい服装・靴・防寒具、
灰などを防ぐための帽子かタオル持参
で来てください(化学繊維の服は焦げる恐れがあるので、注意してください。また、鋳造場は土間ですので、たいへん換気が良く、寒い可能性があります)
応募方法
学校経由での応募 担当の先生に申し出てください。担当の先生は、学校で希望者をとりまとめていただき、「参加申込書」(word形式、下にリンクがあります)に希望者情報を入力したデータ(word形式)を、2月15日(月)までに当財団へE-mail添付(アドレスは下記)でご送付ください。

個人で応募 E-mail(アドレスは下記)で、2月15日(月)までに応募してください。
※応募される際、件名は「科学セミナー申込み」とし、本文に、氏名(フリガナ)、学校名、学年、性別、保護者の電話番号、郵便番号、住所、E-mailアドレス、生年月日を記載してください。

※E-mail送付先アドレス:toyama◎t-hito.or.jp(「◎」記号を「@」記号に置き換えてください。)
※申込みされた際の個人情報は、当財団で適切に管理します。また、性別・生年月日の情報は保険加入のみに利用します。

応募者多数の場合は抽選を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。
その他
・新型コロナウイルス感染拡大防止対策を十分に講じて実施しますが、 状況によっては開催を中止する場合がありますので、 急に連絡をする必要が発生する場合もあります。 申込に際しては、当日まで確実に連絡可能な連絡先を記入してください。・安全には万全を期しており、団体傷害保険に加入しております。・参加者には、個人あてに参加案内をお送りします。

セミナーの予定

3月7日(日)  ※途中、休憩があります。

9:00  受付
9:00 9:05  開講式
 9:05 10:00  実習T(熔けた青銅の見学、鋳型づくり、火熾し(ひおこし)等)
 10:00 12:00  実習U(作戦会議と手分け作業、送風機づくり)
12:00 13:00  昼食、休憩 (近隣にコンビニおよび土日営業の食堂なし)
 13:00 16:30  実習V(午前の部の続き(送風機の改善等)、鋳造体験)
16:30 16:50  反省会
16:50 17:00  閉講式

問い合わせは、(公財)富山県ひとづくり財団まで。

    WORD 参加申込表はこちらから

ページトップ